教養・グローバルー生活文化でガクモンすると、こんなに「暮らし」はオモシロイ!

青木美紗(研究業績・著作)

研究業績(青木美紗)の紹介

業績リストについて知りたい方はこちら

●発表論文

aoki_pic7題目:Motivations for organic farming in tourist regions: a case study in Nepal ⇒リンク

掲載誌:Environment, Development and Sustainability, 16(1), pp.181-193

出版年:2014年(オンライン出版2013年)

___________

題目:都市部の農協直売所を活用した農業振興事業が販売および生産に与える影響~東大阪市「ファームマイレージ運動」を事例に~リンク

掲載誌・年:くらしと協同,第5号,pp.63-71・2013年.

___________

題目:アジア的・日本的多様性受容という特質の育成と活用 ⇒要約PDF

掲載誌・年:『今こそ日本の進路を問う―入選論文集―』pp.79-93,社団法人日本経済調査協議会・2012年.

●著作

書名:Governance Approaches to Mitigation of and Adaptation to Climate Change in Asia リンク

担当章:How Adaptive Policies are in Japan and Can Adaptive Policies Mean Effective Policies? Some Implications for Governing Climate Change Adaptation (第7章),共著

●研究発表

発表テーマ: ベトナム中部における食の安全に配慮した農業の展開―都市農村連携と観光資源の活用に着目して―

発表学会・発表日:第63回地域農林経済学会大会@岡山大学・2013年10月19日

報告要旨

__________

発表テーマ:生産者組織と行政による農産物直売所の販売戦略と消費者の特性

発表学会・発表日:第33回日本協同組合学会大会@明治大学・2013年10月6日

報告要旨

__________

発表テーマ:Production of safe agro-crops in central Vietnam –comparison between GAP production and tourism resources

発表シンポジウム・発表日:The First International Symposium on Formulation of the Cooperation Hub for Global Environmental Studies in Indochina Region・2013年9月16日

発表ポスター

__________

発表テーマ:How adaptive policies are in Japan and can adaptive policies mean effective policies? Some Implications for Governing Climate Change Adaptation

発表学会・発表日: the Earth System Governance Tokyo Conference @United Nations Tokyo Office・2013年1月29日

発表要旨

___________

Copyright © 奈良女子大学・生活文化学領域 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.