教養・グローバルー生活文化でガクモンすると、こんなに「暮らし」はオモシロイ!

生活文化学

  • HOME »
  • 生活文化学

English  中文

生活文化学とは?

生活文化学とは?「生活文化学」は、衣・食・住を含む生活全般を「学際的・実践的・グローバル」に考察する学問領域です。「学際的・実践的・グローバル」が何を意味するのか、簡単に説明しましょう。

❶≪学際的≫  

「学際的」とは、「学問の領域を超える」という意味です。生活文化学科には、法学・経済学・社会学などの「社会科学」、歴史学・表象論などの「人文科学」、文化人類学・心理学などの「人間科学」、そしてジェンダーなどの「新領域学問」を学ぶことができます。その意味で、「生活文化学」は、文系・理系といった枠にとらわれず、生活のさまざまな側面に光をあて、「全体」としての「生活文化」について考えます。

❷≪実践的≫  

2014学科・卒論とおしゼミ

卒論の中間発表会・ゼミでの発表

大学で学ぶといえば、「大きな教室に座って先生の授業を聞く」(講義)をイメージするかもしれませんね。もちろん、理論は重要ですが、生活文化学の特徴は 「生活実態に即して理論を検証し、生活者の目線で社会の課題を展望すること」にあります。そのため、国内や外国の「フィールド調査」、街角に出て行き交う 人々を観察する「参与観察」、明らかにしたいテーマに即して設定する「アンケート調査」、当事者の話を聞く「聞き取り調査」を行ったり、関連施設の見学や 実態調査を行います。また、日本社会の課題を明らかにするために、「日本の歴史」を振り返るとともに、「国際社会との比較」も学びます。すべてが、みなさ んが自分たちで生活を築くうえで必要な知識です。

❸≪グローバル≫

わたしたちの生活は、もはや一国単位では成り立ちません。多くの食物が輸入されていますし、身につける衣服もしばしばアジア諸国でつくられています。グローバルな視野で、ヒトの交流、モノの交易、コトの創造を考えねばなりません。それは、わたしたちがアジア社会の一員として共存し、国際社会の対等なメンバーとして互いを認め合うまなざしを培います。

Copyright © 奈良女子大学・生活文化学領域 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.