2015年2月27日に和食研修を行いました。

若主人による説明

若主人による説明

まず初めに若主人から無形遺産である和食についてのお話を伺いました。

無形遺産は次世代に受け継いでいかなければ途絶えてしまうものであり、世界遺産とはその点で違っていることが分かりました。

他にも日本の食文化に関する貴重なお話をしていただき、日本の食文化について再考することができました。

写真2次に実際に京料理をいただきました。
どのお料理も、口に入れると繊細な味が広がり、とても美味しかったです。
研修の時期に合わせた京雛の配置のおひなさまとお内裏様の器や、それぞれのお料理の美しい盛り付けは、味だけではなく目でも楽しめました。
この研修を通して、和食、そして京料理の良さを改めて知ることができたと思います。

写真3写真4写真5